Saunash – Bounds Away

またしてもお久しぶりの更新。

前回の更新からの簡単な近況としては、オレモリカエルでTRIGGER FES予選2次を学芸大にて、そして一昨日青山 月見ル君想フにて、サポートしているthe motion lightで川越Departureにてライブを行い、今はオレモリカエルのレコーディングに向けて日々練習と筋トレをしている、といったところです。

その辺の詳細はまたにして。

今日はこのサイトで初めて好きな作品を紹介、的なことをしてみようかと。昔ディスクレビューサイトやってたんですけど、サーバーつぶれちゃって今は亡きものなので、ここにそういうことも残していこうかという考えでもあります。

記念すべき初記事で、この作品について書けるのはかなりうれしいです。Saunashの新譜、Bounds Awayについて。

Saunash - Bounds Away
Bounds Away – Saunash

Saunashのライブを初めて聴いたのは4年ほど前。熊谷 Blue Forestだったかな?にotoやpuli目当てに行ったライブに出ていたのがきっかけで知りました。

華やかで良い意味で展開が読めないわくわくするような常木さんのドラミングに魅せられたのがはじまりで、そこからPV見て、都内でもう一回ちゃんとライブ行って…となるまでほんとにすぐでした。

4年ほど前というと、ちょうど彼らの前作がリリースされたタイミングで、それから都内でライブやるときはよく聴きに行っていたので、今作に含まれる楽曲はかなり知っていたりも。

今作は意図してか意図せずかこの夏目前の時期に出て、ちょうど今日のように突き抜けて晴れている日に聴くのにぴったりなアップテンポでキャッチーなメロディーの曲が盛りだくさんでした。

そして個人的には、これまでの作品を聴いてきた中でもこの作品で全般的にギターの音(音質、ボイシング)がものすごく好みでした。いきなり最後のほうの曲を例にあげますが、#10 Mid on a LinkではHey Mercedesに近いものを感じたり。すごく好き。

あとは#5 Light Me Upの1番終わった後の間奏から2番にかけてのボイシング(これはベースも合わせての音のセレクション)があまりにすてきすぎて、かんぜんに鷲掴みにされてしまいました。このあたりのテンションの使い方はASPARAGUSの渡邊忍さんも彷彿とさせられるような。この箇所が聴きたいだけで何度もこの曲に戻ってしまって、なかなか全曲通して聴けません。

もうあとは、今更わざわざ言うまでもなく全員の演奏技術がすごいから「全員が主役」感が全面に出ている。これはSaunashを聴いてきて、いつも思うこと。

ライブでの再現性がいつも高いのも当然このあたりがあってのことで、だからよく足を運んでしまうという。そんなによくライブ行ってたのに、音源聴いてVo Bs/佐藤さんの歌の上手さには改めて驚いてしまいました。今作リリース前に出たMVでの歌詞へのこだわりにも。こんなに良い歌詞なので、もっと英語の発音を歌向けに強化したらさらに歌の存在感が際立つんだろうなと思ったほど。(個人的に歌詞が聞こえるとかどうとかは、基本的にどのバンドでもそんなに興味ないのですが、歌詞を知ってからそんな風に思ったという。

常木さんのドラムについては圧巻の一言しかなくて、逆に言葉にできません…

なんていうと、せっかくあのすばらしさを表現できる場があるのにもったいないので、やっぱり書きます。

4年前に聴いたときからの印象と変わらないのは、カップ使いの特異さ。ドラムやっていようがいまいが、気づきやすくて耳をとらえやすい特徴なんじゃないかと思います。あと今作で顕著なのは、ストイックさがよくうかがい知れるほど、いろんな仕掛けだらけのドラムだということ。チャレンジ精神とか探究心がすごく良く出ているアレンジだなと思います(#3 Crossroadsでのサビのメロディーに対するリズムパターン、#4 Monsterのサビ前などでよく使われるフレーズや最後のサビ終わりに入ってる16分フィル、#8 Orange Cloudイントロ、等々…ちょっと挙げてるとキリないのでこのへんにしておきます)

もうちょっとコンパクトに感想を書けって感じの内容ですが、好き勝手書ける場所はそうそうないのでご勘弁を。
最後にリリース前に読んですてきだなーと思ったSkream!のインタビューと、Bounds Awayの3曲目に収録されているCrossroadsのMVリンクを貼って締めくくるとします。興味を持った方はぜひ。(そもそもここまで読めている人がどれだけいるのか…笑
<14.07.24 追記>Saunashのwebが現在リリースにともない特設サイトになっているので、そちらもリンクつけておきました。特設もメインページもスタイリッシュでセンスの光るデザイン。特設サイトには常木さんが描いたジャケットにある絵がアイコンとして使われてもいて、目でも楽しめるようになってます。

さいごに、7/16というリリース日は実にすてきでして、ドラム的にお世話になっているSaunash常木さんの作品、それからASPARAGUS一瀬さんが参加されている荒井岳史さんのソロアルバムも発売された日でした。同時に買ったので一緒に写真におさまってます。

 

Saunash Official Website http://www.saunash.com/
Skream!インタビュー Saunash http://skream.jp/interview/2014/07/saunash.php
Saunash “Crossroads” Official Music Video https://www.youtube.com/watch?v=EIM2Yi0UUXY

  3 comments for “Saunash – Bounds Away

  1. ちょこ
    2014/07/21 at 19:09

    TRICK風に言うと…
    「Saunashのやってる事は全てお見通しだ!」
    の様に的を得たレビュー…
    あざっすm(_ _)m

    • ae2095
      ae2095
      2014/07/23 at 00:26

      いやー好き勝手おもったことを長々書いただけですので、見通してるとかそんなつもりはまったく!恐れ多い!

      ほんと、良い作品ができて良かったですねー。おめでとうございます。今度店舗での展開状況も見てきまーす(。・∀・)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です